脚や足の症状:違和感・症状から病気検索

胃の異常やお腹痛みの症状

home > 足の症状

脚や足、かかとやつまさきなど、下肢の症状

脚や足は、第2の心臓だとか

歩いたり・走ったり・跳ねたり。 腰の下から身体を支えている足は、縁の下の力持ちで、人間が動くときの基盤です。 足が地をけって動いてくれるからこそ「歩ける」のですし、どこへだって行くことができるんです。 健康な時は意識してませんが、 怪我や病気などで、ほんのちょっとでで足が痛くなると行動が不自由します。 そんなときだけは、足の重要性を思い知らされます。 そして身体が動けなくなると、心も一緒に優れなくなるものです。

脚や足の症状

足が痺れるというのは、誰にでもあることです。 ありきたりの症状なんですが、動けなくなるほど痺れを体験することはそれほど多くないでしょう。
長い時間の正座で足が痺れるのは、誰もが経験済みのことかと思われます。 低い姿勢で長い時間すごしたりしても足は痺れやすくなります。 どちらとも、血行が悪くなっておこる症状です。 そんなシビレには、危険な病気が隠れていることがあります。

足のしびれ

手足に力が入らない

筋肉を過度に使いすぎると使った部分はもとより体全体がだるくなることがあります。力を入れることができなくなり、物を握ったりそこまで歩くのですら辛くなることさえあります。たいてい一晩眠れば翌朝には回復しているものですが、疲れた覚えがないのに足や手に力が入らなくないなら病気の可能性があります。

足や手に力が入らない

足が痛くなった

足が痛くなる原因というと、筋肉や関節の炎症による障害などが思い浮かびますぶつけたりした打撲や骨折。動きすぎや疲労による血行障害や炎症などです。。整形外科的といえばわかるでしょうか。しかしそれ以外にも、何もしていない状態で痛みを感じる場合があります。

足の痛み


便秘の病気と解消 <前|次> 足のしびれ
内臓脂肪型肥満